立つ鳥あとを濁さず!賃貸を去るときの注意点

賃貸を転居するときは?

賃貸を引っ越して去るときも、来たときと同様に近所には配慮したいものですね。去った後に何かの連絡事があるかもしれませんから、挨拶の際は、新住所が分かるものを置いてくるとよいでしょう。ガスや水道の元栓はしっかり締め、出入り口や窓のカギもかかっているかどうかも確かめたいですね。もちろん、大きなゴミ、ガラクタはキチンと始末をして、家の前の掃除もキレイにしておきましょう。なお、ガスや水道、電気、新聞などの代金は、事前に忘れずに支払いを済ませておくことが大切ですよ。

連れていけないペットはどうする?

ペットを飼ってもいい賃貸に住んでいて、もし引越しのときに連れていくことができない場合には、知人に譲るか、ペットショップに相談をするとよいでしょう。犬やネコの場合は、そのまま放っておくというケースもありますが、野良の犬、ネコになってしまっては近所迷惑でもありますし、ペットにとっても、かわいそうなことになってしまいますよ。ペットを飼う際と同じように、手放すときにも、他人に迷惑をかけないように責任を持つことが大切ですね。

賃貸を引っ越すときに注意すること

賃貸の団地などから引っ越す場合、いろいろな分担金、自治会費などの支払いを忘れないようにしましょう。月末精算の支払いのものを、一度まとめて書き出すくらいはしたいものですね。たとえ金額はそう大きくなくても、近所に迷惑をかけるし、不快な印象を残して去ることになりますよ。また、不要になった家具、机など大型の廃棄物を焼却炉の周りに置いたままにしていくケースも多いですが、これも住人には大きな迷惑ですから、自治体役場に連絡して、大型ゴミ処理の手続きは必ずしておきましょう。

物価自体が比較的安い旭川市の賃貸は、他の地域よりも家賃が安くサラリーマンになったばかりでも負担になりません。詳しい情報はネットで調べられるので、時間のある時にチェックしてみてください。