借りる前から考えよう!賃貸物件からの退居

賃貸物件からの退居時に必要な原状回復

賃貸物件を探してこれから新しいところに住み始めると考えると心躍るものでしょう。良い物件が見つかって速やかに入居し、順風満帆な滑り出しとなるのは喜ばしいことです。しかし、賃貸物件に入居するときには予め考えておかなければならないことがあります。それはいつか退居することになるということです。退居時には借り手には原状回復の義務があることから退居時には元に戻して返さなければならないということを念頭において生活しなければならないのです。

原状回復のために入居前にやること

原状回復の義務がなされたかどうかということは退居時にトラブルになりやすいことの一つです。そのため、自分が義務を果たしたという根拠を示すために入居時の様子を写真で記録しておくことが大切です。もともとあった傷や汚れには修繕の義務はないことから、予めそういった要素があるかないかということを念入りにチェックすることが必要なのです。できることなら不動産会社かオーナーの立ち会いのもとでこういった作業を行っておくと安心でしょう。

賃貸契約の段階からやるべきこと

原状回復を念頭において賃貸選びをする際には入居前どころか賃貸契約を結ぶ段階から注視を払わなければなりません。契約の際に原状回復についての特約が記載されていることが多く、どういった場合に貸し手と借り手の責任や費用負担がどのように分配されるのかが明示されています。サインをする前にその内容について不服がないかをよく確認して、場合によっては内容の変更を交渉することが重要になります。借り手にとって明らかに不当でない限りはその通りの負担の分配が行われることになるので注意が必要なのです。

江別市の賃貸物件は比較的安価な設定で人気があります。快速電車だと札幌まで約30分とアクセスの良さからも見逃せません。