老人ホームの種類とそれぞれの内容について。

介護老人保健施設について。

老人ホームは、近年高齢化社会ということもあってその需要はかなりあります。ひとくちに老人ホームと言っても、種類はさまざまです。介護老人保健施設は、入居するにあたって介護保険が適用され、将来在宅での生活ができるように訓練をする施設で、その多くが病院と併設しています。また、そのうち、療養型介護老人保健施設は、病気や障害によって在宅の生活が難しい高齢者の介護をする施設です。入居できる期間が限られており、3か月ごとに入所を継続するかの判定があります。療養型介護老人保健施設の場合は、在宅の生活を目指すものではないので入所に期限はありませんが、病状の悪化によっては、医療機関に転院することになります。

特別養護老人ホームについて。

特別養護老人ホームは、介護保険が適用される施設で、在宅生活が困難な高齢者を介護する施設です。入所期限はないものの、病状が悪化したりすれば、病院へ転院することになります。その場合は、3か月以内に病院を退院して施設に戻ることができれば入所は維持できますが、3か月を超えてしまう場合は、自動的に退所となります。要介護認定を受けていれば、入所資格がありますが、入所期限がないこともあって大変需要があり、どの施設でも常に待機している入所希望者がいます。

有料老人ホームについて。

有料老人ホームは、老人福祉施設ではないもので、入居を希望する時点で要介護認定を受けていなくても、入居することが可能です。有料老人ホームには、介護保険が適用される施設もありますので、入居時に健康であっても後に必要になれば要介護認定を受けて介護サービスを受けることができます。費用は、数百万円から数千万円と非常に高く、家を買うことと変わらないですが、施設によっては住居の提供だけでなく、食事の用意や身の回りのことなどの世話をしてくれるところも多いので、高齢者にとってはたいへん助かるものです。

老人ホームを浦和で見つけることができれば、費用面でも環境面でも、様々なメリットがあります。周辺に医療設備が整備された大型病院が多いのもその一つです。