やってみると意外に楽しい!田舎暮らしのここが素敵!

なんといっても広い家

郊外に出るほど家の家賃や坪単価が下がります。そのため、田舎に住むと、都会よりも少し広めの家に住むことができます。もう少し余裕があれば、庭付きの家も夢ではありません。また、周囲に人目があまりないところを選べば、庭でのんびりしたり、周りを気にせずに豪快にバーべーキューや人を呼んでの食事会などもできます。素敵なお庭に人がたくさん集まってくれるとなんだか毎日わくわくしますね。もしかしたら自家菜園だって夢ではありません!

横のつながりは実は強力な味方!

田舎だとご近所つきあいが面倒くさそう・・という思いもあるかもしれませんが、じつはこのつながり、住んでみるととても助かります。お砂糖がない!卵があと一つ足りない!なんてとき、貸して!とご近所のおばさんの家に駆け込むことだっててきてしまいます。別に特別なことではなく、助け合って辺り前という空気が、昔からつながってきた人の中には流れているので、新参者でもすんなりと仲間に入れてもらえます。雨が降ったらお洗濯物を少し軒下に入れておいてくれたり・・・割り切ってしまうと、とても素敵なご近所さんです。

やっぱりきれいな景色、きれいな空気。

そしてなんと言っても素敵なのは田舎の景色、田舎の空気です。明日はどこに行こうと思ってしまうくらい、お散歩する場所には困らないでしょうし、思わず毎日深呼吸してしまいたくなるような森林の香りだってしてきます。排気ガスで汚れていないなと感じられる素敵な空気の中だと、なんだか長生きだってできてしまいそうです。そんな中で、料理作りや陶芸など、自分の趣味を見つけて極めてみると、また違った毎日、違った人生が見つかるかもしれません。

田舎暮らしなら千葉がおすすめです。海と山、どちらでも好きなエリアを選べますし、気候が温暖だからです。